女性

スポーツ整体がもてはやされる時代に|ためになる技術

このエントリーをはてなブックマークに追加

専門職として重要

複数の男女

医療関係の勉強を学校で行おうと考えている人はたくさんの資格があるので、どの資格を取るのか決めて、学校や学科を選ぶことになります。また、就職で優位に立ちたいときは複数の資格や上位の資格を取得することも大切です。

詳しく見る

認定心理士とは

婦人

心理学関連の資格の中で、大学で必要単位を取得すれば取ることのできる認定心理士という資格があります。就職活動ではあまり活躍させることができるものではありませんが、心理学の基礎を習得した証として持つことができます。

詳しく見る

アスリートを支える仕事

マッサージ

独立できる

整体師と言うと骨をバキバキさせる仕事のイメージも持つ人がいます。しかし今ではそういった古典的な仕事だけでなく、スポーツ障害やダイエットや健康維持まで身体のトータルケアを行うスポーツ整体師が活躍しています。スポーツ整体師は単なる身体のケアだけでなく、スポーツを行う人のトレーナーの役割を持つ重要な仕事なのです。スポーツ整体師と似た仕事に柔道整復師がありますが、柔道整復師が骨折や捻挫などの怪我からの回復を目的にするのに対してスポーツ整体師は、関節や筋肉の強化や維持、あるいは練習メニューの作成と範囲が広く、また従来からの整体師としての役目も果たしています。そしてスポーツ整体師としての技術を磨いていけば、独立開業も可能となります。

医学と運動学の基礎を学ぶ

スポーツ整体師になるには資格は必要ではありませんが、整体師としての基礎的な技術や医学や運動学を学ぶことが大事です。スポーツ整体師になるに専門スクールで学んでから、就職や開業するのがベストです。スポーツ整体師になるスクールでは、カイロプラクティックやトレーニング学やメディカルマッサージなど基礎から学ぶことができます。また座学だけでなくジムなどで実践的な技術の習得やカウンセリングやアスリートのコンディションの管理まで学習できます。スポーツ整体師スクールで専門知識と技術を身につければ、スポーツ選手の怪我のケアや予防、それに身体の効果的な使用法などの指導をすることができます。また体調不良の人のためのマッサージやダイエットのアドバイスなどが可能となります。

オススメリンク

  • 整体師になれるスクール特選サイト

    スポーツ整体を学ぶには、ここで紹介されているスクールに通う必要があります。無料体験に参加できる今がチャンスです。

大学との違いとは

男性と女性

理学療法士になるためには、3年または4年の養成校で学び、国家試験に合格しなければなりませんから、やる気を維持することが重要です。雰囲気や設備、先生などを生でチェックすることが重要です。また、理学療法士の専門学校には社会人経験者が多い、レベルの高い専門授業が多い特徴があります。

詳しく見る