認定心理士とは|スポーツ整体がもてはやされる時代に|ためになる技術
男性

スポーツ整体がもてはやされる時代に|ためになる技術

このエントリーをはてなブックマークに追加

認定心理士とは

婦人

大学から取得できるもの

心理学関連の資格でよく知られているのが、臨床心理士や産業カウンセラーです。臨床心理士は指定された大学院を修了してから受験資格を得られ、合格することができれば臨床心理士として活動することができますが、5年に1度更新制度があります。そして産業カウンセラーは大学や大学院に行かなくとも、セミナーに数か月通って受講し、試験に合格することができれば取得することができます。では大学で心理学を専攻するだけでは何の資格も取ることができないのかといえばそうではありません。大学で必要単位を取って取得することができる資格はあります。それは認定心理士という資格で、心理学の基礎を習得できたという証として得ることができるものといわれています。

活かし方は自分次第

認定心理士は心理学の専門家としての証には良いかもしれません。しかし、その資格だけではなかなか就職活動に活かすことができるというわけではありません。就職するために履歴書に書いても、あまり役立つことができる資格というわけではありません。では認定心理士はどう生かすことができるのか、実は社会に活かそうということはなかなか難しく、活かすのであれば自分自身の活動次第といわれています。独自でカウンセリングルームを開いてクライアントからの相談を受け付けるか、または、フリースクールの教師となる人が、生徒の心を理解することができるようになるために取得することもあります。人とかかわる仕事に就くには認定心理士の資格は、持っていると相手から信頼を得られるものとなります。